自宅で使える美顔器の効果と使い方

>

片手間ではなく本格的なケアの需要

この記事をシェアする

温熱または冷却から効果を得るもの

元々あるタイプの美顔器の中でも多いものの1つに、温熱冷却など温度差を利用したものがあります。
温熱など、肌を温めることは血流を促して老廃物を流し出しやすくするとともに新しい肌組織のターンオーバーにも効果があると見られていることから温度に着目した商品が多いようです。

また逆に温めるのではなく炎症や火照りの軽減、または改善を目的とした冷却効果っがあるものもあります。
肌はとにかく温めることが大切であるという認識は広く浸透していますが、場合にもよるものの鎮静させることも肌にとってとても大切なことなのです。
特に炎症が起きていたり、肌に赤みがあったりする時などは鎮静させることで少し落ち着き、肌の引き締める効果も期待できます。

電流や高周波を用いた美顔器

昨今話題になることが多いのがEMSなどの電流やマイクロ波などを利用した美顔器です。
これらの美顔器は肌の筋肉や組織に働きかけ、軽度な表情筋のストレッチを促すことでシワやたるみの改善ができるというものです。
EMSやマイクロ波を使うことで顔が見るからに筋肉質になるというようなことはまずありませんが、使い方には多少工夫や注意点が必要です。

美顔器そのものの見た目も、持ち運びに便利な小型のタイプもあれば、いかにも美容施術をしているというような、一見異様な見た目のものもあります。
海外製の製品が多く、著名人やインフルエンサーが紹介している場合もよく見かけます。
海外製品は良いものに当たれば高い効果を得られることもありますが、肌に何らかの不具合があったり美顔器そのものが故障したりした時などの補償が無いか、またはスムーズにいかないというデメリットもあります。