自宅で使える美顔器の効果と使い方

>

美顔器を安全で清潔に使うための注意点

この記事をシェアする

定期的な洗浄手入れが必要

美顔器には直接肌に触れるタイプのものも多く、それによって毎回汚れが付着します。
お風呂上りなどで肌を清潔にした状態で使うとしても、微細な菌は完全に取り切ることはできないので、そのまま使用を重ねていけば雑菌が繁殖し不衛生な状態になってしまいます。
こうなると美顔器も逆効果となってしまいますね。

特にスチーマーや美容液やジェルなど水溶性のアイテムを併用する場合などはより雑菌の繁殖が早いので、定期的に手入れや洗浄が必須です。
手入れの方法は、部分的に水洗い可能なものもあれば、専用のクリーナーが必要なものもあるので、購入時に説明書をよく確認しておくことが大切です。
汚れは不衛生なばかりでなく安全性の面でも影響がありますので、お手入れを疎かにしないようにしなければなりません。

肌に優しい使い方は人それぞれ

日々のお手入れの中に美顔器を導入したら、早く効果が欲しいと思ってつい頻度を増やしたり、パワーを強くしたりして使いたくなる人もいるでしょう。
しかし主に顔の皮膚は薄く、少しの刺激でむしろダメージとなってしまうことも多いものです。
今までに無かったケアを導入する時は、少しづつ慣れさせるように使うことがポイントです。
パワーの段階調節ができる美顔器なら、最初は小さなパワーで試して慣れてきたら強くするなどしていくと良いでしょう。

肌が赤くなったり刺激を感じるようであれば使用を中断し、少し間を空けることも必要です。
美容のための商品ですが万人に合うものはありませんし、その人の肌の状態や季節や気温など、日々多くの要因に曝されている肌の状態は日々変化しています。
その日その時の肌の状態をみながら適切に使用することが大切です。